憧れの存在となる人

憧れの存在となる人

以外とお客さんが美容師に対して求めているのは容姿の良さだと思うんですね。これは単純に「イケメンである」とか「美人である」と言う事ではなくて、少なくともファッションやヘアスタイル、トレンドを学んでいる人である、という一般の人とは違うセンスや着こなしをしている人であってほしい、と思っているのではないでしょうか。美容室へ来る多くのお客さんは、特に女性のお客さんの場合は美容室に対して「非現実」を求める、と言われています。確かに街を歩いていても振り返ってしまうほどの美形の人や奇抜なファッションをしている人は見かけます。ですがその人達と親しく会話をしたり、その人達からヘアスタイルやファッションの話をする事なんてありませんよね。ですから美容室と言う場所はそういうセンスの様人達と身近で会話ができるような特別な空間なんですね。女性の美容師さんなら「こんな女性になりたい」と思わせてくれるような人だったり、男性美容師であるならば「こんな彼氏がいたらいいのにな」と思わせてくれるような人であってほしい、と誰もが思うのではないでしょうか。その気持ちを自覚しないまでも、もしもそういう美容師さんと巡り合う事が出来たならば、きっと続けてその美容室に通いたくなるはずですね。美容師さんとの会話が楽しみ、と言う人もいれば、美容師は自分の事ばかりしゃべるから聞いていてもつまらない、と言う人もいます。美容師の会話のテクニックというのは、実は美容師さん自身をとても悩ませるものでもあるでしょう。本来美容師の仕事やしゃべることやお客さんを楽しませることではありませんから、そういう事がそんなに得意ではないけれども美容師の仕事が好きだ、と言う人にとっては、トークが出来なければお客さんが付かない、というのはとても悩ましい事でしょう。ですが実際にお客さんがそんなに美容師の会話に対して楽しさを求めているか、というとそうではないケースも多いのですよね。むしろ「話しかけないでほしい」というお客さんもたくさんいるようです。ではどんな会話なら嫌がられないのか、と言う事になりますが、特に女性のお客さんだと「自分に寄り添ってもらえる、共感してもらえる」と言う会話がいちばん心地よいのではないか、と思います。例えば仕事の話をしているならば、「僕たち美容師は…」と自分の話に持って行かれるよりは、「大変そうですね」とまずは共感してもらう方が心地よいですよね。髪の悩みに対しても「みなさん同じ様に悩まれているんですよ」と言われると、ちょっと安心したりしますね。そういう一言が言える美容師さんだと、また指名しようかな、と言う気持ちになりそうです。高田馬場 美容院