雨の日のカラー

雨の日のカラー

パーマと同様に雨の日にはカラーリングも避けた方が良い、と考えている人もいるかもしれません。カラーリングに関しても、やはり髪を濡らしてからの施術になりますから、雨で髪が濡れたとしてもあまり関係はなさそうですね。実際雨の日だからカラーリングが染まりにくい、という事はないようです。ですからカラーリングの予約をした日に雨が降ったからと言って、予約をキャンセルするほどの事ではない、と考えられます。ですがカラーで気を付けなくてはいけないのは、施術自体は問題なくても施術後に雨にあたる事に関しては、まってく問題ないとは言い難いです。たとえばヘアマニキュアは、簡単に言ってしまえば髪の毛に色を塗布するようなものです。ですからヘアマニキュアを施した後で雨にあたる、というのはヘアマニキュアが落ちてしまう可能性も否定できません。カラーリングの施術後はなるべく雨に当たらないようにする方が賢明ですね。駐車場のある美容室であるならば車で美容室に行く方が良いと思われます。おそらくそのような天気の日にカラーリングをした場合には、美容室からも雨に当たらない様に、という説明はあるかもしれませんね。せっかくのカラーリングですから、雨で落ちてしまう、というような事の無い様に気を付けたいものです。外国人観光客に限らず日本で生活する外国人は特に都心では増加傾向にあります。彼らは生活のために、また外国人観光客は日本を体験するために美容室に訪れる機会があります。彼らにとって日本の美容室は素晴らしいもの、という情報を前もって得ているのでその期待感は相当なものでしょう。日本の美容室にとってもお客さんが増える事は喜ばしい事です。ですがそこで大きな問題があります。どんなに日本の美容室が外国人に人気だ、といっても今の美容室の体勢のままでは対応できません。まず大きな壁は言葉の壁です。これは美容室に限らず外国人客を受け入れる時には、どこでも発生する事なのですが、言葉が通じない、という事はそれだけで大きな不安となりますし、結果的に双方の素晴らしさを伝える事が半分程度しかできなかった、という結果に終わる事もあります。つまり日本の美容室には外国人が期待しているほど、受け入れ体制は万全なのか、という事があるように思います。もしも外国語で突然電話がかかってきたら、みなさんならどうしますか?驚いて思わず電話を切ってしまう人もいるでしょう。もしもその様な事を外国人が美容室にかけてきた電話で起こったら、どうなるでしょうか?とてもサービスが良い日本の美容室、というイメージが一気に崩れてしまうでしょう。国分寺 美容院