美容師の成長を見ている

美容師の成長を見ている

長くスタッフが勤めている美容室だと、お客さんの方でもそのスタッフたちの成長を見守ることができます。よく地域に密着している個人経営の美容室などであるのですが、一人の新人さんが入ったらお客さんも含めてみんながその新人さんの成長を見守る、という事があります。お客さんも長く通っている常連さんが多く、その美容室と共に自分も年齢を重ねている、という人が多いものです。そういう美容室だとスタッフたちは、お客さんに支えられている、という気持ちも芽生える事でしょう。長く通ってくれているお客さんを裏切るような事は出来ない。自分が辞めたらあのお客さんが困るだろう、という気持ちは大切です。またそういうアットホームな美容室では、スタッフ同士の信頼関係が熱い場合も多いものです。まるで家族のように仕事以外でも付き合っていける関係にある場合も有ります。スタッフの人数が少ない分、それだけ従業員の悩みを親身に聞いたり、その人のスキルアップのために時間を割いたり、という事が他の美容室よりも深く出来るケースが多いのでしょう。そういう美容室に就職した若い美容師は、お店の先輩とお客さんに見守られて成長していくものでしょう。それは単に美容師としての技術だけではなく、人間としても成長できるものでしょう。美容室の料金が曖昧だな、と思うのは、例えば同じようにパーマをお願いしたとしても、人によってはかかりやすい場合とかかりにくい場合も有りますし、髪の毛の量によってはロッドを巻く時間も本数も違うはずです。それでも同じようにパーマ料金になる訳で、時間のかかる人にとってはそれはお得なのかもしれませんし、簡単にすんでしまう人にとってはちょっと損をしたような気分になるケースもあるかもしれません。美容室側としたら、それを一律とする事でプラスマイナス0という考え方なのかもしれませんが、お客さんにとっては良く考えたら複雑な部分もあるかもしれませんね。ですがそうはいってもこの事が大きな問題になる事も無く、美容室も非難されるケースも少ないので、こういう曖昧さがあっても美容室と言うのは成り立っているんだな、と思うと、これほどまでかなりざっくりとした料金設定が成り立つ業界と言うのも、なかなか少ないのではないか、と思われますね。確かに料金設定と言うのはありますが、かなり美容室側の言い値で成り立っている、という感じもします。特に施術時間に差がある場合には、美容室側の方が損をしているのでは?と思われるケースも有り、そのために逆にあっという間に施術が終わってしまうお客さんの料金がそちらの売り上げに回っているのか?という懸念も有りますね。八潮 美容室