普段使いのデンマンブラシ

普段使いのデンマンブラシ

デンマンブラシ、という名前はあまり聞きなれないかもしれませんが、みなさんが一番よくつかっている、誰もが一つは持っているブラシではないでしょうか。いわゆる片方だけにブラシがついている一般的なブラシです。ブラシの目が割と細かいのでぼわっと膨らんだ髪も、デンマンブラシで梳かせば落ち着くことが殆どです。デンマンブラシの働きとしては、とにかく髪の毛をしっかりと溶かしたい、と言う時がいちばんです。髪の毛の量が多い人などは、まずはこのデンマンブラシで髪のボリュームを落ち着かせることが先決です。また多くのデンマンブラシはブラシの中でも一番シンプルで持ちやすく、使いやすいので日々のスタイリングの他にも、少し強めに抑えて頭皮のマッサージのために使う事も出来ますね。ですから誰もが家に一本は持っておきたいブラシです。「デンマン」て何のこと?と思う人もいるかもしれませんが、この「デンマン」とはイギリスの会社名のようです。この会社が作ったブラシが代表格だった、と言う事でしょうか。何よりもそのシンプル性が特徴と言えるブラシで、美容師さんがブローをしてくれる時にも良く手にしているブラシですね。この形状のブラシはとても多く販売されていますが、材質によっても髪に与える効果がちがってくる様です。ヘアブラシの種類、ってご存知でしょうか。ヘアブラシは大きく分けると4種類あると言われています。それぞれ、デンマンブラシ、クッションブラシ、スケルトンブラシ、ロールブラシ、と呼ばれているようです。実はこれらのブラシはそれぞれ役割があって、自分が何のためにヘアブラシが使いたいか、と言う目的に合わせて使い分けるのが正解なんですね。それぞれのブラシの特色を知っておくと、日々のスタイリングがかなりうまくいくと言われています。また自分の髪の毛のボリュームや髪質によっても使い分けた方が良いですね。ですから家族で一本のブラシを共有している人も多いかもしれませんが、本来なら数種類のヘアブラシを揃えて、それぞれの人が、それぞれの目的のために使うのが良いと言う事になりますね。たかがブラシでそんなに種類を揃えなくても、と思うかもしれませんが、ヘアブラシは消耗品ではありませんから、一度揃えてしまえばそんなに高い頻度で買い替える必要も有りません。自分の今の髪質でどんなヘアスタイルを作っているのか、を考えて、そのために必要なヘアブラシはどれか、と言う事を一度考えてみると良いですね。そのためには、それぞれのブラシの役割を正しく知っておく必要がありそうですね。目白 美容院