ヘアブラシと髪の毛の関係

ヘアブラシと髪の毛の関係

みなさんは髪の毛の手入れをするのにひとつはヘアブラシを持っていると思いますが、どのような材質のどの様な形状のヘアブラシを持っていますか?実は一口にヘアブラシ、といってもその種類はたくさん有り、使いかたも様々ある様なんですね。何を目的にして使うか、と言う事によってそれにあったヘアブラシを使う事で、髪の毛の状態が変わってくる様です。またその人の髪質によって合う材質、合わない材質も有る様です。ヘアブラシなんて髪を梳かす事が出来れば何でもよい、と思っている人もいるかもしれませんが、ヘアブラシは毎日つかう物です。それだけ髪の毛に与える刺激や影響が積もり積もれば大きいな影響を与えることになるんですね。ですがその事を自覚している人は少なく、とりあえず何でもいいや、と言う感じでブラシを使うのは、良く考えたらその人の髪の毛を少しずつ悪い状態に向かわせているかもしれません。実はヘアブラシの世界は意外と深いんですよね。ヘアブラシの正しい選びから、自分にあったヘアブラシとは何か、髪の毛に対して正しいヘアブラシの使いかたはどのような事か、と言うような事を一度じっくり調べてみるのも良いかもしれません。そもそもヘアブラシに種類があった事さえ意識したことが無い人も多いと思います。髪の毛がよく跳ねて困る、と思っていても、そのための対策を特にとっていない人が殆どだと思います。跳ねてしまうのは自分の寝ぐせ、寝る時の頭の方向が悪かったから、と決めつけてはいないでしょうか。対策何て髪を濡らしてもう一度ドライヤーやアイロンで熱を加えて跳ねを押さえてしまうしかない、と考えていないでしょうか。実は髪の毛が跳ねるのには、根本的な原因があることが殆どの様です。残念ながら生まれつき跳ねやすい頭の形をしているとか、頭皮の毛穴の形に歪みがあるとか、元々髪の毛が生えて来る段階で跳ねやすいタイプの人もいます。そういう人はできるだけシャンプーをする時などに毛穴を清潔にし、できるだけ正常な丸い形の毛穴にするように心がける事でクセが出にくくなります。またクセが付いたり、跳ねたりする前にまずはシャンプーの選びから、シャンプーの仕方、髪の乾かし方、などに気を付ける事で、朝起きた時の髪の毛の跳ねをかなり軽減する事ができます。跳ねは髪の毛のその部分だけの問題ではなく、多くは髪の毛が生えている根もとに問題がある、と言う事を知っておくと、未然に羽を防ぐことが出来るばかりか、跳ねてしまった時の対処法も、これまでの対象方では効果が期待できなかったことが理解できると思います。新小岩 美容院