ヘアスタイルの工夫

ヘアスタイルの工夫

白髪に対する対策として、白髪染めなどの「髪の毛の色を変える」と言う方法が主にあげられますが、何も髪色を変えなくても対処する方法はあります。大半の髪の毛が白髪になってしまった、と言うような状況なら染めるのが一番良いかもしれませんが、まだまだ「白髪がちらほらと見える」と言う程度であれば、早まって白髪染めをするような事はまだする必要はないのではないでしょうか。例えば白髪が目立たなくなるようなヘアスタイルにしてみる、と言うのも一つの方法です。たとえばヘアスタイルのトップを短くしておくと白髪が気にならなくなるケースが多くあります。トップを短くすると多くの場合トップにボリュームがあるように見えます。ですから一本一本の白髪が埋もれてしまって目立たなくなるんですね。よく白髪が出てくる様な年代になると、これまでセミロングとかロングヘアにしていた人がショートヘアに変える事があると思いますが、そういう事も考えてこれまでのヘアスタイルを変える、という意味もあるのかもしれませんね。白髪が生え始めたらすぐに髪色を変えて目立たなくすることを考えがちですが、まずはヘアスタイルを工夫する事で、なんとか誤魔化す事が出来ると思います。色々工夫してみるのも楽しいかもしれません。白髪の対処法として最初のうちはマスカラタイプのものが一番使いやすいと思いますが、残念ながら白髪は隠しているだけでは、段々と隠さなくてはいけない部分が増えてくるものですよね。白髪がマスカラタイプだけでは対処しにくくなってきたら、別のもので対処した方が良いですね。もっと一度に広範囲にわたって対処できるものと言えばブラシが付いたタイプの白髪隠しとか、ファンデーションのように塗布するタイプのものが良いでしょう。ですがいつかはそれでも対応が難しくなってくる時期が来るものです。いちいち隠そうとしていると、物凄く時間がかかってきて面倒になってくる事もあると思います。そうなってきたら白髪染めをして、髪色全体を変える事をが手っ取り早いと思います。一度染めてしまえば当分は白髪を気にする事なく過ごす事ができます。その時には白髪を黒髪に染めるのではなくて、白髪を活かした明るめの色に染める事をお勧めします。白髪がそれだけ増えている、と言う事はそういう年齢になった、と言う事です。それを受け入れる事も必要です。いくら黒髪の方が若々しく見える、といっても、あまりに年齢に対して不自然な黒髪に染めてしまうのは、逆にその人には似あっていない髪色となっていることが殆どです。自由が丘にある美容院