評価される日本の美容技術

評価される日本の美容技術

日本にやってくる外国人観光客の間で「日本で体験してみたい事」のうち「美容室へ行ってみたい」というニーズが非常に高まっているようです。なぜそのような現象が起きたのか、というと諸外国と日本では美容師のレベルの高さが格段に違う、という事があるようです。日本では当たり前なのですが美容師として働くには国家試験に合格しなくてはいけません。そういうレベルの高い基準を設けている国というのは多くは無い様なんですね。日本の美容師たちは国家試験に合格するためにカットやパーマの技術だけではなく、サービスや衛生面、薬剤の知識もきちんと身に着けています。そこが他の国の美容師たちとは大きな違いなのだそうです。また技術の高さは勿論ですが、サービスの点においても諸外国では経験できないようなサービスを日本では日常的に行っているんですね。これは美容師が特別、というだけではなく、日本人の気質なのかもしれません。どの分野でも日本のサービスと言うのは諸外国から高い評価を受けています。技術とサービス、その二面が備わっている日本の美容室と言うのは、諸外国の人たちにとってみれば自国では決して体験する事の出来ないものとなっているのでしょう。この評価の高さを利用して逆に外国人旅行客を取り込もうとする動きが日本国内でもあるようです。一方で、日本で実際に美容室を経験してみて、マイナスのイメージを持ってしまった、という外国人もいるようです。まずはやはり言葉の面で自国の言葉だけではなく、英語ですら通用しないケースが多い、という事が不満だった外国人が多いようですね。欧米諸国の人たちは、母国語の他に英語や他の言語を話す事が出来る人が多くいますが、日本人の間では英語の普及率すらまだまだ低いものです。特に美容室で働いている人は、これまでは外国語を使う仕事になるとは思ってもいなかったと思います。ですから近年の急激な外国人の客さんの増加に対して対応が追い付いていないのが現状です。外国の方々が不安や不満に思われるのも無理はないでしょう。そしてやはり金額の面で「高い」と感じる外国人が多いようです。確かに技術も仕上がりも良いからそれは満足だけれども、過剰なサービスに対して「そこまでしなくても良いから料金を低くしてほしい」という外国人の意見も多いようです。また自国ではありえない程の施術時間の長さを指摘する人も多いようです。丁寧な仕事ゆえの施術時間なのですが、それも慣れていなければ長い施術時間を楽しんだりゆったり過ごしたりすることが難しいのかもしれません。ですが実際にはそれを打ち消すぐらい仕上がりには満足する人が多いようです。竹ノ塚 美容院