意外にも目立っています!あごのシワ

意外にも目立っています!あごのシワ

年齢と共に、顔のあちこちにできるシワに悩まされている人も多いでしょう。
シワの種類はマリオネット線やほうれい線など様々なものがありますが、中にはあごのシワもあります。
あごは顔の中でも下の方にあるパーツなので目立たないと思いきや、あごのシワは意外と目立ちます。
特に老化が進むと、まるで梅干しのようなしわに見えてしまうこともあり、老けた印象をより一層与えてしまうでしょう。
それでは、あごのシワができてしまう原因は、具体的にどのようなものなのでしょうか?

 

○オトガイ筋が緊張することによってできるシワ

 

オトガイ筋は、唇の下からあごの先端まで伸びている筋肉です。
しかし、何らかの事情で緊張した状態になっていると、あご周りの血行も悪くなってしまい、ボコボコしたシワができやすくなってしまうでしょう。

 

○口呼吸をしてしまっている

 

口で呼吸してしまっている人は、あごにシワができやすいです。
口が開きっぱなしになることで、オトガイ筋が衰退してしまうのです。
口で呼吸するのが習慣になっていると、血行が悪くなってしまい、結果的にシワができやすくなってしまうでしょう。

 

○鼻呼吸を意識しましょう

 

あごのシワを克服していくためにも、口で呼吸せず、鼻で呼吸するように意識するようにすると、あごにシワはできにくくなります。

 

鼻呼吸にすることによって、歯並びや骨格が正しい部分に戻りやすくなり、上記で述べたようなオトガイ筋の負担も少なくなると考えられるからです。

 

りんごは生で食べるよりも、焼きリンゴにして食べた方がダイエット効果があると言われています。

 

一般的には、生のりんごの方が健康効果もあり、ダイエットにも良さそうですよね。
しかし、リンゴは焼くことでさらにパワーアップするのです。

 

○焼きリンゴを食べていると痩せる?そう言える理由とは…

 

りんごはダイエットに効果的だと言われていますが、焼くとさらにダイエットに効果的になると言われています。

 

それはどうしてかというと、ダイエット作用の高いペクチンが、生のりんごと比べると9倍にもなるからです。

 

ペクチンとは何かというと、胃腸で吸収されず、腸内の不要なモノを外に排出してくれるものです。
そのため、生のりんごよりも、焼いた方が整腸作用が期待できるということですね。

 

○焼きリンゴにすると皮も食べやすくなる!

 

ペクチンが豊富なのはりんごの中身ではなく実は「皮」。

 

りんごを焼くことによって皮も食べやすくなるため、ペクチンをさらに効率よく取り込めるというわけですね。
ダイエット中は腸の働きがスムーズな方が、お腹もスッキリしてダイエット効果アップです。
腸を常に綺麗な状態に保っておくためにも、りんごのペクチンがおすすめなのですね。

 

○朝食を焼きリンゴに置きかえる

 

焼きリンゴをダイエット生活に生かしたいのであれば、焼きりんごを食事に置き替えるのがいいでしょう。
置き換えるならば、特に朝食がおすすめです。
朝は腸が活発になりやすいタイミングでもあるからです。

 

採用 アルバイト 求人 柏 美容室