自分なりの「卒業」

自分なりの「卒業」

前までによく言われたのは、「髪を切るのは何か心境の変化があったから」という事で、特に「失恋をしたから髪を切る」という事がよく言われていました。いまの時代ではそのような事を実際にする人はあまりいないと思いますが、自分なりに何かから「卒業」するときには、髪を切ったりヘアスタイルを変えたりしたくなる、と言う事は良くあることかもしれません。何かあったからヘアスタイルを変えた、と公言する人こそ少ないかもしれませんが、自分の気持ちに何か区切りをつける時にひそかな思いを抱いて美容室に来る人もいると思います。そういう時には多くは「思い切ったスタイルチェンジ」と望む人が多いかもしれません。そんな時には出来れば美容師さんにも後押ししてほしいものですよね。大胆なスタイルチェンジと言うのはやりたい気持ちや決意は固まっていたとしてもやはり不安なものです。美容師さんに「本当にいいんですか?」などと言われてしまうと決心が鈍ってしまう事も有りますよね。「思い切って切っちゃいましょう!」と明るく言ってもらえる事を期待しているお客さんもいるかもしれませんね。卒業というのは学業の節目、というのが殆どですが、何かから卒業する、という気持ちを持つことは、人生の中で誰にでもあることですよね。卒業シーズンには多くの人たちが美容室を利用する事は今や当たり前となっています。ですからこの時期は新規にオープンした美容室とか、まだあまり知名度が上がっていない美容室にとっては大きな集客のチャンスと言えるでしょう。有名な美容室がものすごく込み合っていると、予約が取れなくて困るお客さんも必ず出てきます。そういうお客さんたちに、より低価格でヘアセットが出来る様に提案したり、キャンペーンをしたりして、自分の美容室をアピールする事が大切でしょう。たとえばその時に今回だけではなく、次回の来店にも使えるようなクーポンを発券しておくと、その次の来店にもつながります。卒業する、と言う事はそのあとで入学式を控えている人も多いくいるものです。卒業式前にはパーマやカラーなどがっつりと整えた人は、半月ぐらい先の入学式のためにまた来店する、と言う事はあまりしないかもしれませんが、例えばその時にヘアセットのみを安く提供するようなクーポンなどがあったら、整えるだけでもまた立ち寄ってくれるかもしれません。この時期は美容室の予約がとても取り辛くなる時期です。他の美容室がやらないような特典を付けたり、クーポンを発券するなどの工夫をして集客をしておけば、これから先の常連さんとなってくれる可能性も出てきますからね。練馬 美容院