髪の毛が受けるダメージ

髪の毛が受けるダメージ

まず紫外線があたると髪の毛はどうなるか?と言う事を知っておきましょう。紫外線を浴びた髪の内部ではタンパク質を構成しているシスティンと言うアミノ酸を作っている結合が切断されてしまいます。つまり髪の毛を作っている元の部分が傷つけられてしまった、と言う状況です。さらに髪の毛の表面を覆っているキューティクルも傷ついてしまいます。キューティクルはそもそも髪の毛の内部を守っているものですから、その部分がやられてしまうと、髪の毛はとても無防備な状態になってしまいますし、水分量を保っている機能がやられてしまうことになるので乾燥したりパサついたり、と言う症状が出てきます。内部からやられてしまっているので、キレ毛とか枝毛と言った症状となって私達の目に見えるような症状が出てきます。枝毛やキレ毛、というのは普段でも髪の毛のケアを行っていると出てくる症状ですが、それが紫外線の為である、と言う事に考えが回らない人も多いと思います。良く考えてみら他日差しの強い中に長時間いる生活をしていたな、と振り返って見て思う人が結構いるのではないでしょうか。また紫外線対策に帽子を被っていたのだから平気だ、と言う人もいるかもしれませんが、すべての髪の毛を防止の中に入れている人はそんなにいませんよね。そういう人の毛先にも枝毛やキレ毛が出てくると思われます。「紫外線が髪の毛には良くない」と言う事は皆さんよく御存じだと思います。ですが紫外線がどうして髪の毛に悪いのか、と言う事は意外と考えたことが無いのではないでしょうか。そもそも紫外線と言うのはどういったものなのか、髪の毛にどういう影響を与えるものなのか、と言う事がよくわかりませんね。そういう知識をきちんと持っておくことは改めて髪の毛を紫外線から守ろう、と言う気持ちになるきっかけになるのではないでしょうか。一度じっくりと考えてみたいものです。紫外線と言うのは晴れている日に当たる太陽の光だ、と思っているかもしれませんが、実際には曇っている日でも紫外線が強い日があります。もちろん晴れている日や夏の日差しの方が紫外線が強いのですが、曇りの日だからと言って油断ならないものです。今日は紫外線が強い、と思われる日にはしっかりと対策をして髪の毛を守りたいものです。そうはいってもまったく紫外線を浴びないで過ごすことなど普通に生活していたら無理な話です。できるだけ紫外線を髪のかびなくても済ませるには、どうしたら良いのか、またもしも紫外線に曝されるような事があった場合には、その後な髪の毛に対してどのような対策をしたらよいのか、と言う事も日頃から知識として持っておきたいものです。上福岡 美容院