猫毛のメリットもある

猫毛のメリットもある

猫毛の人はボリュームが無い事が悩みとなっていますが、猫毛だからと言って悪い事ばかりではありません。猫毛の特性を生かせば他の人が出来ないようなヘアスタイルを楽しむ事も可能だと言われています。考えても見たら欧米の外国人の方は猫毛の人が多いものです。つまり外国人風のヘアスタイルは猫毛の人は作りやすい、と考えられます。多くのヘアスタイルの流行は欧米の方から入ってくるものですが、日本人の髪質と欧米人の髪質の違いから日本人にはなかなか作ることができなかったり似合わなかったりすることが多いのです。よく外国人モデルの人を起用して作ってあるヘアスタイルは、日本人の多くの人は「これは欧米人だから似合うのよ」と思ってしまいますが、猫毛の人にならそのスタイルがばっちり似合う事もあるようです。良くいわれる「無造作ヘア」というスタイルは髪質が太い人だとただボサボサになっているように見える事がありますが、猫毛の人ならふわっと可愛らしいヘアスタイルに見せる事ができます。また女の子らしさを強調する事が出来る「おくれ毛」も猫毛の人はうまく使う事ができます。これもまた髪の毛が太い人や固い人にはなかなか難しいものなのです。ですから猫毛だから、といって否定的にならないで、猫毛ならではのヘアスタイルを工夫してみるのもよいものです。猫毛の人は髪の毛がうまく立ち上がらないと言う悩みを持っている人が多いものです。その悩みを出来るだけ解消するには、まずはドライヤーのかけ方を工夫するとよいと言われています。髪の毛のボリュームが落ちて見えるのは根元の髪の毛がうまく立ち上がっていない事が多い様なんですね。猫毛の場合は髪の毛に腰が無いのでうまく立ち上がらない事が多いようです。そこでまずドライヤーをかける時に髪の根元ときちんと起こしておくとよいのです。具体的にはドライヤーの温風を髪の毛の斜め下の方から根もとに向ってあてます。またドライヤーをあてるタイミングも重要です。シャンプーの後で髪の毛を塗れたまま放置しておくと、塗れている重みで髪の毛の根元が折れてしまって髪の毛が立ち上がるどころか下に引っ張られるようになってしまうんですね。その時間が長いとそういう癖がついてしまってうまく髪の毛を立ち上げる事が難しくなります。シャンプーが終わったらすぐにタオルドライをして、ドライヤーを斜め下から当てる事で早く根元がうまく立ち上がった癖をつけながら乾かす事が出来るんですね。この人工夫をするかしないかで、ボリュームが全く違います。お休み前にきちんと立ち上げておけば、翌朝のスタイリングも楽にできるようです。吉祥寺 ヘアサロン