飲み過ぎと抜け毛の関係

飲み過ぎと抜け毛の関係

自分の家系はけっして髪が薄くなる家系ではないのに、自分は若いころから髪が薄くなった、と言う人の中にはかなりお酒の摂取量が多い人がいると思います。適度なお酒は健康に良いとされていますが、過度な飲酒は髪の毛にも良くありません。それはアルコールが体内に入ると、体内では肝臓がアルコールを分解する働きをします。その働きにはアミノ酸が必要です。アルコールが過度に体内に入ると体中のアミノ酸が肝臓でのアルコール分解に使われてしまい、他にアミノ酸を必要としている所へはアミノ酸が届かなくなってしまうんですね。アミノ酸をとても必要としているのは髪の毛です。髪の毛が生えて来るのはアミノ酸のおかげなんですね。ところが過度に飲酒をする人の体内のアミノ酸はほとんどが肝臓に回されてしまいます。確かに髪の毛は生えなくても生きていくことができますが、アルコールが分解されないと命に関わります。ですから肝臓でのアルコール分解が優先されてしまい、髪の毛を作ることは後回しにされてしまうんですね。その結果薄毛になってしまったり髪が抜けてしまったりするわけです。またアルコールを多く摂取する人は多くはきちんとした食事がとれていません。その結果栄養バランスも崩れてしまって頭皮や髪の毛に必要な栄養が十分に作られなくなってしまう事も抜け毛などの原因となります。煙草と同様に、辞めたくてもやめられない週間の一つが飲酒でしょう。飲酒の場合は適度に飲むのは健康のために良い、と言う事も言われているので、すべてが害になる、と言うわけではありませんが、やはり過度な飲酒は体にも影響を及ぼす様ですし、髪の毛や頭皮にとっても良くない事が起こり得るようです。ですがお酒が好きな人は「お酒を飲むと血流が良くなるから頭皮にも良いんじゃないの?」と思っている人も多いかもしれません。確かに適度なお酒は体をあたためてくれそうです。血液の循環が明らかに良くなった、と感じる事も有りますよね。またお酒を飲んでいる人の多くは「ストレス発散だ」と言っていますよね。お酒を楽しむ事で日頃のうっぷんを晴らす、と言う人も多いものです。確かにストレスは体にも髪の毛にも良くありませんから、適度な飲酒によってストレスが解消できるのであれば、それはお酒のおかげで髪の毛の成長が良くなる、と言う事も言えるかもしれません。ですがそれらはいずれも適度な飲酒の場合です。お酒が好きな人はどうしても深酒をする傾向があります。また毎日毎日欠かさずお酒を飲む、と言う人もいます。こういう過度な飲酒は血液の循環を良くする、というメリットよりも、他のデメリットの方が大きくなる可能性がありますから気を付けなくてはいけません。三軒茶屋 ヘアサロン