プロのセンス

プロのセンス

美容師の皆さんと言うのは、皆さん長きに渡って髪の事を勉強し、また提供するスタイルなどのセンスを磨き、衛生面や技術面についても習得し、そして一定の技術や知識を持っていることを証明するための国家試験をクリアしている人たちばかりです。ですから技術や知識の面で言えばみなさん一定以上のものを持っている人たちばかりだ、と言う事が言えるでしょう。その後の各々の美容師としての魅力を決めるのはもちろん経験によるものかもしれませんが、その人のセンスと言うものもお客さんにとってはかなりの魅力になると思うんですね。例えばカウンセリングの時に「なるほど!そういうのが私には似合うんだ」と自分では思いつかなかったようなヘアスタイルを提案してくれると嬉しくなりますし、その美容師さんの事を尊敬出来ますよね。つまり自分の様な素人ではない、さすがプロ!と思わせるようなセンスが見える美容師さんは魅力的です。また美容師さん本人のファッションやヘアスタイルのセンスも自分好みだったりすると嬉しくなりますし、美容室自体の内装やインテリアなども自分の家では実現できないようなものがあったり、普通に安く手に入る様なものでも、飾り方や見せ方のセンスが抜群だったりすると、とても感心してその美容室に行くのが楽しみになりますよね。みなさんは美容室探しをする時や、担当してもらいたい美容師と決める時には、どんな事を美容師に求めているでしょうか。もちろん美容師の皆さんと言うのは長い間髪の毛や美容の事を専門的に学んできて、一定レベルの技術や知識を持っている事を国家試験で認められた存在です。ですからどの美容師さんでも一定以上のレベルの方々であることには間違いありません。ですがその後どんな事で差がついて来るのかというと、それはもちろん美容師としての経験の長さであると思われますが、美容師としてのテクニックや知識以外の所でも差がついて来るものだと思うんですね。それは美容師の人柄とでも言うべきでしょうか。どんなにテクニックで評判が良くても、あの美容師さんとはちょっと合わないな、と感じる事ってありませんか?おそらくそれは技術云々以前に、その美容師さんと、人として合うか合わないか、という問題だと思いますね。ですがそれは単純にその人の「性格」というものではなくて、美容師として丘にお客さんに対して真摯に向き合っているか、という仕事に対する姿勢だとか、美容師として自分がどう振る舞うべきかというような自覚の問題の様な気がします。まとめていえば、その美容師の働く姿、と言う事なのかもしれません。与野本町 床屋