刺激の問題

様々な記事を見てからの結論で言うと、ベビー用のシャンプーを大人の人が使うのには何の問題もなさそうです。みなさんはおそらく「ベビー用」という注意書きがある製品のイメージとして「刺激が少ない」と言う事があると思います。シャンプーも同じようです。大人用のシャンプーとベビー用のシャンプーの一番の違いは、頭皮などへの刺激の様です。赤ちゃんは肌がとても敏感なので出来るだけ刺激を与えないように作られているのがベビー用のシャンプーです。具体的には大人用のシャンプーよりも刺激物の含有量がかなり少ないようえす。ところがそれに伴ってシャンプーとしての洗浄力も弱まります。逆に言えば大人用のシャンプーは洗浄力を強くするために刺激物がたくさん入っています。なぜ大人用のシャンプーは洗浄力を強めなければ皮脂を落とす事ができないのです。それにくらべて赤ちゃんは皮脂の分泌がまだまだ少ないので大人と同量の洗浄力は必要ないんですね。それほど必要のない赤ちゃんに対して強力な洗浄力を持った刺激物を与えると言う事は、赤ちゃんの肌にとっては刺激が強すぎるんですね。ですからわざわざ大人用のシャンプーとは別に「ベビー用」のシャンプーが用意されている訳です。つまり大人用を赤ちゃんに使うのは良くないですが、ベビー用を大人が使うのは洗浄力が低い、というだけであって問題は無いようですね。シャンプーには色々な種類があって男性用、女性用に大きく分けられていますが、もうひとつ「ベビー用」「赤ちゃん用」のシャンプーも有ります。みなさんはこの「ベビー用」のシャンプーにはどんなイメージを持っているでしょうか。また「ベビー用」と書かれていたら大人の人は使わない方が良い、と思っている人もいるかもしれません。ですがたとえ女性用のシャンプーであっても家族共用で男性が同じシャンプーを使っている場合も有りますよね。ですがなんとなく赤ちゃんが大人用のシャンプーを使うのは良くない、というようなイメージがありますね。もしも問題ないのであればわざわざベビー用のシャンプーは必要ない訳ですからね。ベビー用のシャンプーはドラッグストアなどで見てみると小さい割には結構な値段がします。もしも大人用でも構わないのであれば多くママたちはわざわざベビー用を買わないで一つのシャンプーを家族で共用する事でしょう。実際にベビー用のシャンプーと言うのは何が違うのでしょうか。大人が使うと効果が少ないとか、使わない方が良いと言った事があるのでしょうか。男性用、女性用、ベビー用と、様々な種類に分けられている以上、それらには獲得性がある物と思われますがどんなちがいがあるのか、を知っている人は少ないかもしれませんね。小岩 美容室