湿度と髪の毛

湿度と髪の毛

梅雨の時期と言うのは、何かと生活に支障をきたす事が良く起こります。そうはいっても梅雨と言うのも日本人にとっては必要な季節であり、いかに快適に過ごすか、という事を毎年考える人は多いでしょう。梅雨時期の悩みとしては、長雨による湿気、カビ、自然災害などですが、身近なところでは、ヘアスタイルを整えるのが難しい時期だ、と認識している人も多いのではないでしょうか。短髪のスタイルが多い男性はそうでもないかもしれませんが、女性にとっては大変な悩みとなる人も多いようです。どうして梅雨時はヘアスタイルが八並になるのか、というと多くの人が梅雨時期は髪がまとまらない、とか広がりやすい、という現象を実感する様なんですね。もともとくせのある髪質の人なら尚更です。よく「髪が爆発する」と言いますが、決して大げさではなく、毎朝爆発状態になった髪の毛と格闘する人は特に梅雨時期は多いようです。どうして梅雨時期に限って、そのような現象が起こるのでしょうか。梅雨時期限定、と考えるとその理由が分かり辛いかもしれませんが、雨の日には髪がまとまらない、という経験をした事がある人は多いと思います。つまり雨が降る日の様な湿度の高い日には髪の毛がまとまりにくい、という現象が起こるようです。湿気と髪の毛は深く関係があるようですね。美容師だけではなく、人と接する職業と言うのは、コミュニケーション能力が必要とされます。美容師においてのコミュニケーション能力、というのはもちろんお客さんが何を言おうとしているのか、という事を会話の中で汲み取る事が大切なのですが、それ以外にもスタッフ通しの意思の疎通もとても大切です。近年若者のコミュニケーション能力が落ちている、とよく言われていますが、確かになんでもインターネットで一人で検索して問題を解決できる今の時代においては、同じ職場で働く仲間とのコミュニケーションは、わざわざ職場に入ってから身に付けなくてはならないものになってしまっているのかもしれません。ですがこれこそが学生時代に身に着けておくことができる事なのではないでしょうか。学生のうちは、知り合う友人も多いですし、アルバイトやサークルにおいて、先輩後輩の上下関係があれば、それだけでも同級生以外の人とのコミュニケーションを取る機会が増えます。そこでいかに相手を思いやる事が出来るか、相手の気持ちを察する事が出来るか、そしてまたいかに自分の気持ちを相手に伝えるか、という事を自然と学ぶことができると思うんですね。社会に出た時には、すでにその能力は備わっている、と自信を持って言える様に学生時代には多くの出会いや経験を積んでおくべきでしょう。横須賀 美容院